Product 製品

Product 製品

Makito X4 Video Decoder

  • Makito X4 Video Decoder

Haivision Makito X4ビデオデコーダーは、多用途のリアルタイムHEVC/H.265ビデオデコーダーです。ライブビデオをSRT、UDP、RTPにより低遅延にデコードできるため、ライブブロードキャスト、双方向インタビュー、リモートプロダクション、スポーツカバレッジ、リアルタイムモニタリングに最適です。

  • Makito X4 Video Decoder

特長

4K UHD/Quad HD ビデオ デコーディング

4K/UHD ×1ch、若しくは、HD ×4chのSDI アウトプット。4K/UHDは、最大3840x2160p60、4:2:2 10-bitまでサポートすることで高品質な映像を出力します。

 

 Stream Sync機能

複数のビデオソースとオーディオソースを同期を維持した状態で切り替え可能にすることで、シームレスなライブ・プロダクションをREMI(REMote Integration)でも実現します。

 

 優れた高密度性

4RUラックマウントシャーシを利用することで最大HD×84ch、UHD×21chのビデオを1つの筐体でデコードすることができます。

 

 SRT プロトコル

アライアンス加入数が350社を超えるオープンソースの伝送プロトコル『SRT (Secure Reliable Transport)』を利用することでセキュア(AES-128/256)で信頼性の高い、低遅延な映像伝送を実現します。

4K/UHD映像伝送

 

SRT ストリーミング プロトコル

予測不可能なネットワーク環境におけるストリーミングパフォーマンスを最適化

上記画面からアクセスできない場合は、こちらをクリックください

SRT(Secure Reliable Transport)は、予測不可能なネットワークでも最高品質のライブビデオを配信するビデオストリーミング技術です。 パケットロス、ジッター、変動する帯域幅を考慮して、ビデオの整合性と品質を維持します。 SRTを使用すると、ストリームを安全に保ち、ファイアウォールを簡単に通過できます。 SRTは、すべてのHaivisionストリーミングソリューションに含まれています。

 

ストリームワークフロー

SRTは、ビデオストリームワークフローの一部として、コントリビューションエンドポイントと配信エンドポイントに適用されます。 エンコーディング(またはトランスコーディング)の後、SRTは暗号化を適用してエラー回復を行います。
デコード(またはトランスコーディング)の前に、SRTはストリームを復号化し、インターネット接続に典型的なパケットロスからの回復を可能にします。同時に、SRTはエンコード/デコード/トランスコードエンドポイント間のリアルタイムネットワークパフォーマンスを検出します。 エンドポイントは、最適なストリームパフォーマンスと品質が得られるように動的に調整できます。

 

コスト削減と柔軟性

SRTは、衛星またはネットワークインフラストラクチャへの投資の必要性を減らすことによって、さらなる運用の柔軟性とコスト削減を提供します。
SRTを使用すると、インターネット接続の信頼性が低いにもかかわらず、あらゆる場所からイベントをストリーミングしたり、長いリードタイムや年間契約が膨大になる専用のネットワークなしでリモート施設のフィードを監視できます。 さらに、SRTを使用すると、1時間あたりの使用料が高い衛星を使用しなくても、コンテンツの番組数を増やすことができます。

 

オープンソース

共同開発を通じてイノベーションを加速するために、SRTはパブリックインターネット上で高品質で低遅延のビデオを配信するためのオープンソースプロトコルとして利用可能です。 SRTソースコードはSRT Allianceによって管理およびサポートされています。

 

データシート – Haivision Makito X4 Decoder

DS_Haivision Makito X4 Decoder

お問い合わせ

部署名 : 伝送・配信システム営業部
TEL : 03-3345-2182
FAX : 03-3345-2165

メーカーURL : https://www.haivision.com/

関連製品はこちら