Product 製品

Product 製品

Haivision Media Gateway

  • Haivision Media Gateway

Haivision Media Gatewayは、低遅延のビデオストリーミングのワークフローのためのコンポーネントです。 ストリーミングプロトコルを変換して異なるネットワークをブリッジし、複数の宛先にストリームを配信する柔軟性を与えます。
ハードウェアアプライアンス、仮想マシン、またはMicrosoft AzureおよびAWS Marketplaceのクラウドで利用可能なHaivision Media Gatewayは、ライブ配信、バックホール、リモートモニタリング、リモートインタビュー、およびライブビデオ配信で放送局様にお役立ちします。

  • Haivision Media Gateway

特長

如何なるネットワークでも高品質のビデオを転送

Haivision Media Gatewayは、HaivisionのオープンソースSRT(Secure Reliable Transport)プロトコルをサポートしています。SRTは、パケットロス、輻輳、ジッタ、遅延、および帯域幅の変動に直面したときにサービス品質を保証することによって、インターネットなどの予測不可能なネットワークでのライブビデオ配信を最適化する技術です。SRTを活用したHaivision Media Gatewayは、パブリックネットワークとプライベートネットワーク間で高品質、低遅延、安全なライブビデオを転送するのに理想的で、衛星ネットワークやカスタムネットワークインフラストラクチャと比較して運用の柔軟性とコストを大幅に削減できます。

 

IPネットワークブリッジ

Haivision Media Gatewayを使用すると、あるネットワーク環境からビデオストリームを取得し、他のネットワークに転送できます。Haivision Media Gatewayは、LAN、MPLS、サテライトIP、パブリックインターネット、またはネットワークの任意の組み合わせをブリッジする必要がある場合も、高度なネットワークインターフェイス設定、ネイティブSRTのサポート、使い勝手が良いファイアウォールトラバーサルのおかげで完璧にブリッジします。Haivision Media Gatewayはコーデックにとらわれず、あらゆる標準MPEGストリームをサポートします。

 

ビデオエコシステム互換性

Haivision Media Gatewayは、SRT、UDPを介したトランスポートストリーム(Unicast/Multicast)間でストリームを変換し、RTSPとRTMPを入力してHLSを出力することもできます。

 

エンタープライズビデオエクスペリエンスの拡張

Haivisionのエンタープライズビデオプラットフォームとシームレスに統合されたHaivision Media Gatewayは、社内放送、オールハンズミーティング、オンデマンドビデオライブラリを遠隔地に拡張し、ビデオ配信を数千人の従業員に拡張するセキュアエンタープライズコンテンツ配信ネットワーク(eCDN)を構築します。

仕様

 

SRT ストリーミング プロトコル

 

予測不可能なネットワーク環境におけるストリーミングパフォーマンスを最適化

(上記画面からアクセスできない場合は、こちらをクリックください⇒SRT Quad Screen Demo Loop with SRT

SRT(Secure Reliable Transport)は、予測不可能なネットワークでも最高品質のライブビデオを配信するビデオストリーミング技術です。 パケットロス、ジッター、変動する帯域幅を考慮して、ビデオの整合性と品質を維持します。 SRTを使用すると、ストリームを安全に保ち、ファイアウォールを簡単に通過できます。 SRTは、すべてのHaivisionストリーミングソリューションに含まれています。

 

ストリームワークフロー

SRTは、ビデオストリームワークフローの一部として、コントリビューションエンドポイントと配信エンドポイントに適用されます。 エンコーディング(またはトランスコーディング)の後、SRTは暗号化を適用してエラー回復を行います。
デコード(またはトランスコーディング)の前に、SRTはストリームを復号化し、インターネット接続に典型的なパケットロスからの回復を可能にします。同時に、SRTはエンコード/デコード/トランスコードエンドポイント間のリアルタイムネットワークパフォーマンスを検出します。 エンドポイントは、最適なストリームパフォーマンスと品質が得られるように動的に調整できます。

 

コスト削減と柔軟性

SRTは、衛星またはネットワークインフラストラクチャへの投資の必要性を減らすことによって、さらなる運用の柔軟性とコスト削減を提供します。
SRTを使用すると、インターネット接続の信頼性が低いにもかかわらず、あらゆる場所からイベントをストリーミングしたり、長いリードタイムや年間契約が膨大になる専用のネットワークなしでリモート施設のフィードを監視できます。 さらに、SRTを使用すると、1時間あたりの使用料が高い衛星を使用しなくても、コンテンツの番組数を増やすことができます。

 

オープンソース

共同開発を通じてイノベーションを加速するために、SRTはパブリックインターネット上で高品質で低遅延のビデオを配信するためのオープンソースプロトコルとして利用可能です。 SRTソースコードはSRT Allianceによって管理およびサポートされています。

お問い合わせ

部署名 : 伝送・配信システム営業部
TEL : 03-3345-2182
FAX : 03-3345-2165

メーカーURL : https://www.haivision.com/products/media-gateway/