Product 製品

Product 製品

Netropy Virtual Edition (NetropyVE) – ネットワークエミュレータ

Netropy Virtual Edition (NetropyVE)は、仮想環境で現実的なネットワーク条件をエミュレートして、アプリケーションの品質に保証を与えることができます。
NetropyVE を使用すると、仮想アプリケーションがワイド エリア ネットワーク上で実行されているかのように、任意の仮想アプリケーションをテストすることができます。帯域幅の制限、過度の待機時間/ジッタ、損失、
その他の障害などの実際のネットワーク条件を再作成して、アプリケーションおよび仮想化ネットワーク機能 (VNF) のパフォーマンスを最適化します。 NetropyVE は仮想マシン (VM) として実行され、仮想環境内の特定のトラフィック フローを損なうために使用できます。ネットワークの状態をインテリジェントに模倣することで、ユーザーにロールアウトしたときに、設計および展開するソリューションを期待どおりに設計および展開できます。

特長

  1.  パケット フィルタリング: IP アドレス、VLAN、またはその他のパケット識別子によって異なるリンクにパケットを割り当てることができます。
  2.  帯域幅: 最大 1 Gbps のリンクを正確にエミュレートします。
  3.  待機時間: 各方向に 10 秒以上の遅延とジッタを 0.01 ミリ秒単位でエミュレートします。
  4.  損失と破損: ランダム、バースト、または定期的なパケット損失を設定して、音声およびビデオ アプリケーションに対する破損の影響をテストできます。

ご利用イメージ

 

ユーザインタフェース

コンフィグレーション&モニター ウィンドウ

 

Path コンフィグレーション ウィンドウ

 

仕様

性能
テスト ポート 2 1-Gig ethernet(仮想ネットワーク アダプタ)
最大データ転送速度 2Gbps
リンク数 1Gigabit x 1
パケット処理能力 プロセッサ依存
最大フレームサイズ 9KB
エミュレーション設定
パケット分類 送信元/宛先アドレス(IPv4またはIPv6)、VLAN、TCPまたはUDPポート番号、IP ToS、MACアドレス、MPLSラベル、またはその他任意のパケットのフィールド
帯域幅 100 bps ~ 100 Gbps(モデルによって異なります)
遅延 0 ms ~ 10, 000 ms(0.01msステップ); constant, uniform, normal distributions; replay recorded loss, accumulate & burst
パケットロス Random, Burst, Periodic, BER, Gilbert-Elliott
バックグラウンドトラフィック 0 ~ 100%(0.01%ステップ)
キュー・リミット Drop Tail, RED, Default
その他設定 パケット順序入れ替え, パケット複製, パケット破壊, MTUサイズ指定後のフラグメンテーション,キューバッファ, フレームオーバーヘッド
その他詳細
要件 EXSI 5.5以上、2VCPU、および 8GbyteのRAMと1Gのハードドライブ領域
セキュリティ SSLとSSH
サポートとメンテナンス サポートは製品ライセンスとソフトウェアメンテナンスに含まれています

※NetropyVEのパフォーマンスはハイパーバイザーのホストに依存します。

 

PDFファイル

NetorpyVEカタログ

よくあるご質問

お問い合わせ

部署名 : 伝送・配信システム営業部 システムセールスグループ
TEL : 03-3345-2182
FAX : 03-3345-2165
E-mail :sales-csg@rikei.co.jp

メーカーURL : https://apposite-tech.com/