Case Study 導入事例

Case Study 導入事例

導入先
大阪市消防局 様

大阪市立阿倍野防災センター

開設 1948年3月
職員数 3,509人(平成30年10月1日現在)
避難体験VR

臨場感ある火災の煙を疑似体験。
火災予防の普及啓発に自治体がVRを活用。

近年、地震や津波などの大規模災害を想定した防災の重要性が高まっており、各地で自治体を主体とした防災啓発の取り組みが行われています。今回、効果的な火災予防の普及啓発を目的として「避難体験VR」が導入されました。

導入製品:
導入製品
株式会社理経 避難体験VR
課題・導入背景
さらに詳しく

・防災訓練参加者の固定化
・訓練に大がかりな準備、広いスペースが必要
・災害状況の再現が困難
・正しい避難行動の習熟

対策
さらに詳しく

・避難体験VRを採用

導入効果
さらに詳しく

・VRに対する高い注目
・省スペースで実施可能
・より効果的な防災学習へ

課題・導入背景

大阪市消防局では、より多くの方に防災に目を向けていただくきっかけを作るためにさまざまな取り組みを行っています。その中で、VRという手法を通じてより効果的に火災時の正しい避難行動(姿勢を低くし、ハンカチなどで口や鼻を覆い避難)を学ぶことができるのでは、という考えから導入に至りました。またこれまでの防災用具と比較して、準備や実施スペースなどのコストが低い点もVRを導入する契機となりました。

対策

「避難体験VR」を導入。VRゴーグルを使用して黒煙が発生した室内から誘導灯を頼りに避難するのがどの程度困難かを体験できるようになりました。

導入効果

フォトリアルなVR映像で臨場感ある煙体験ができること、また省スペースで手軽に体験できるということを、ご評価いただいています。体験者はVR空間を自分の判断で避難する必要があり、従来の訓練よりも受け身になりにくい傾向にあります。

体験型で学習できることで、体験者の方々の記憶にはより深くメッセージが残るようです。「煙による視界不良の状態を初めて知りました」「避難時にしゃがんだ姿勢で逃げることが重要だと分かりました」など、学びの点も効果が出てきています。

2018年9月1日より、大阪市立阿倍野防災センターで展示され、市民の皆様に体験いただいています。(展示期間:2018年9月1日(土)~2019年3月31日(日) )

防災訓練用VR ~火災避難編~ 体験映像

メディア掲載実績

テレビ

  • 2017年7月26日 NHK首都圏ネットワーク
  • 2017年8月28日 NHKおはよう日本
  • 2017年9月1日 新潟総合テレビ「いのちをまもる 災害からの教訓」
  • 2017年10月11日 テレビ朝日 スーパーJチャンネル
  • 2017年12月19日 テレビ朝日 お願いランキング
  • 2018年1月25日 NHKひるまえほっと
  • 2018年2月8日 NHKひるまえほっと
  • 2018年3月2日 テレビ東京 Newsモーニングサテライト
  • 2018年3月13日 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト
  • 2018年4月9日 テレビ東京 The Girls Live

新聞

  • 2017年3月9日 読売新聞
  • 2017年5月24日 電波タイムズ
  • 2017年9月22日 ニッキン
  • 2017年9月26日 しんきんニュース
  • 2017年10月21日 警備保障タイムズ
  • 2018年1月13日 産経新聞
  • 2018年1月15日 読売新聞
  • 2018年4月10日 日本経済新聞
  • 2018年5月18日 産業経済新聞
  • 2018年11月12日 週刊ビル経営
  • 2018年11月26日 リフォーム産業新聞
  • 2019年2月13日 徳島新聞
  • 2019年2月14日 静岡新聞

雑誌

関連製品

お問い合わせ

株式会社理経 新規事業推進室 XRソリューショングループ
TEL: 03-3345-2146
FAX : 03-3345-2166
E-mail : xsg@rikei.co.jp