Unreal Engineで、“人”と“AI”を変える。

理経のVRソリューション

SERVICE LINE UP

サービスラインアップ

自治体、官公庁、企業向けにUnreal Engineを使用したフォトリアルなCG映像製作を行っております。
VRを活用することで、さまざまな分野でより効果的な施策が可能となります。

※Unreal Engine:世界で最もオープンで高度なリアルタイム 3D制作プラットフォームです。
※理経はUnreal Engineを展開するEPIC GAMESの法人パートナーです。

こんな業界で利用されています

ADAS × VR

ADAS開発分野における活用

車両開発メーカーおよびサプライチェーン向けに、車両開発用VR空間の制作を行っています。先進運転支援システム(ADAS)における自動運転用のAI開発を効率的に行うことができます。Open Driveに対応しているため、Carsimなどあらゆるシミュレーションソフトと連携が可能です。

HMI × VR

HMIにおける活用

自動車内部のインテリアやエクステリアの位置・形・色などをVR空間上で自由に切り替えることで、自動車用コックピットのHMI(Human Machine Interface)開発の検証作業を効率化することが可能です。モックアップを製作する必要がなくなるため、コストダウンが図れます。
生体活動計測を合わせた感性評価も可能です。

安全教育 × VR

安全教育分野における活用

現実に体験が難しい状況をVRで再現し、技能継承、安全教育(ヒヤリハット・事故事例の再現)、防災訓練(火災・水害・地震)などの幅広い訓練に活用できます。
特に防災分野では、多数の自治体やデベロッパーなどの導入実績があります。アイトラッキングやハンドトラッキング、触覚デバイスにも順次対応してきています。

AI × VR

AI学習における活用

実物と非常に近いモデル製作・ライティングを施すことで、フォトリアルなCG空間を制作することができます。
これをAIのラーニング用の画像として活用可能です。
例:自動運転用のAI学習、FAにおける教師学習

RIKEI VR SOLUTION

理経のVRソリューションの特長・強み

理経が提供するVRは最新のデジタル技術に加え、3つの強みを武器に、お客様のニーズに応えるべく、
高品質なコンテンツを提供していきます。

POINT 01

フォトリアルな
表現技法

Unreal Engineを使用したエンタープライズ向けCG制作に特化。
VRやシミュレータに求められるフレームレートを意識したCG開発が強み。

POINT 02

シミュレータや
リアルデータとの連携

既存のシミュレータと連動させるアルゴリズムを独自に開発可能。
例:車両開発シミュレータ(Carsim等)との連携、ゼンリンの地図データを用いた開発

POINT 03

大学や研究機関との
共同開発に注力

東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター:VR消防教育訓練システムの共同研究、
株式会社NeU:脳血流計測による「脳活動の見える化」技術に関わる共同開発、など。

CASE STUDY

導入実績

さまざまな企業・自治体に導入いただいております。

大阪市消防局 様

臨場感ある火災の煙を疑似体験

大阪市消防局 様

臨場感ある火災の煙を疑似体験

効果的な火災予防の普及啓発を目的として、「避難体験VR」を導入。

  • 防災訓練
  • 火災避難体験
  • 安全教育

神戸市役所 様

日本初の土砂災害VRで、参加市民の防災意識が5割向上

神戸市役所 様

日本初の土砂災害VRで、参加市民の防災意識が5割向上

「危険性を安全に」体験できる研修メニューを官民一体となって開発。

  • 土砂災害
  • 防災訓練
  • 避難意識
事例集はこちら

PRESS RELEASE

プレスリリース

EVENTS & SEMINARS

イベント・セミナー

MEDIA INFORMATION

メディア掲載

PageTop