Product 製品

Product 製品

KB Video Encoder & Transcoder Series

  • KB Video Encoder & Transcoder Series
  • KB Video Encoder & Transcoder Series

KB Video Encoder & Transcoder Seriesは、H.264および、H.265/HEVCをサポートするインターネットメディアエンコーダ・トランスコーダです。最大4Kの解像度で高品質のビデオストリーミングを提供し、スモールフォームファクターのポータブルアプライアンスやラックマウント可能なエンタープライズグレードのサーバーとして利用できます。KB Seriesは、ライブイベントストリーミングに複数のオプションを提供し、世界中のインターネット視聴者に最高品質のライブビデオを配信するのに役立ちます。

  • KB Video Encoder & Transcoder Series
  • KB Video Encoder & Transcoder Series

特長

ABRカスケード & ハードウェアアクセラレーション

KB Seriesは、計算リソースを最大化し、リアルタイムなH.264またはHEVCエンコーディングと、最大4K/UHD 2160pのビデオ解像度を有するアダプティブビットレート(ABR)カスケードを提供します。RTMP/HLS/MPEG-DASHいずれのプロトコルでもABRカスケードとしてCDNへビデオソースを引き渡すことができ、地学的距離、ネットワーク条件、デバイスに関係なく、インターネット視聴者に最高の視聴体験を提供します。

 

さまざまなプラットフォームを通じて簡単にライブストリーミングを実現

KB Seriesは、クラウドサービスプロバイダー、オンラインビデオプラットフォーム、CDNとシームレスにペアリングします。MS Azureの認定を受けているKBは、ユーザーがAzure Media Servicesを使用して世界中のインターネットユーザーにライブストリーミングができるよう支援します。要求に応じて、KBはシングルビットレートまたはマルチビットレートストリームをクラウドに伝送して配信するように構成できます。

 

クラウドへのアップリンク接続を最大限に活用

ビデオソースのインターネット接続の信頼性が低く、帯域幅も限られている場合、エンドビューアのエクスペリエンスが低下する可能性があります。KB Seriesは、ABR配信用に単一のビットレートストリームを(可能な限り最高の品質で)クラウド内のトランスコーダーに送信することで、この問題を解決できます。また、HEVCをサポートすることで、H.264より最大50%少ない帯域幅で同画質の映像を送ることができます。

 

 360°VR ストリーミング

VRと360°ストリーミングによりリモート視聴体験を実現します。360°VRカメラを4Kの制作ワークフローに組み込むことで、HMDや360°再生プレーヤーにより視聴者は没入感を体験できます。

 

 SRT プロトコル

アライアンス加入数が350社を超えるオープンソースの伝送プロトコル『SRT (Secure Reliable Transport)』を利用することでセキュアで信頼性の高い、低遅延な映像伝送を実現します。

SRT ストリーミング プロトコル

予測不可能なネットワーク環境におけるストリーミングパフォーマンスを最適化

上記画面からアクセスできない場合は、こちらをクリックください

SRT(Secure Reliable Transport)は、予測不可能なネットワークでも最高品質のライブビデオを配信するビデオストリーミング技術です。 パケットロス、ジッター、変動する帯域幅を考慮して、ビデオの整合性と品質を維持します。 SRTを使用すると、ストリームを安全に保ち、ファイアウォールを簡単に通過できます。 SRTは、すべてのHaivisionストリーミングソリューションに含まれています。

 

ストリームワークフロー

SRTは、ビデオストリームワークフローの一部として、コントリビューションエンドポイントと配信エンドポイントに適用されます。 エンコーディング(またはトランスコーディング)の後、SRTは暗号化を適用してエラー回復を行います。
デコード(またはトランスコーディング)の前に、SRTはストリームを復号化し、インターネット接続に典型的なパケットロスからの回復を可能にします。同時に、SRTはエンコード/デコード/トランスコードエンドポイント間のリアルタイムネットワークパフォーマンスを検出します。 エンドポイントは、最適なストリームパフォーマンスと品質が得られるように動的に調整できます。

 

コスト削減と柔軟性

SRTは、衛星またはネットワークインフラストラクチャへの投資の必要性を減らすことによって、さらなる運用の柔軟性とコスト削減を提供します。
SRTを使用すると、インターネット接続の信頼性が低いにもかかわらず、あらゆる場所からイベントをストリーミングしたり、長いリードタイムや年間契約が膨大になる専用のネットワークなしでリモート施設のフィードを監視できます。 さらに、SRTを使用すると、1時間あたりの使用料が高い衛星を使用しなくても、コンテンツの番組数を増やすことができます。

 

オープンソース

共同開発を通じてイノベーションを加速するために、SRTはパブリックインターネット上で高品質で低遅延のビデオを配信するためのオープンソースプロトコルとして利用可能です。 SRTソースコードはSRT Allianceによって管理およびサポートされています。

 

Microsoft Stream でライブ ストリーミング用にエンコーダーを構成する

Microsoft Stream でライブストリーミングを開始するには、エンコーダーが必要です。 エンコーダーは、カメラ、マイク、デスクトップ画面キャプチャなどのさまざまなソースからの音声とビデオをキャプチャし、すべての対象ユーザーにライブストリーミングを行うために Microsoft Stream に送信します。

Microsoft Teams紹介ページ 

 

事例紹介 – SAP社(北米)がライブストリーミングを行う理由とは

ライブストリーミングビデオは、どこにいても従業員を引き付ける手段として、ますます多くの企業で使用されています。彼らは、インタラクティブで魅力的な方法で、すべての人にリーチできることの価値を理解しています。世界で3番目に大きいソフトウェア企業であり、世界中で85,000人以上の従業員を抱えているSAP社以上に、このことをよく理解している企業はほとんどありません。

SAP社がライブストリーミングを通じて従業員をエンゲージメントを高め、全社員が共通の目標に向けて業務を続ける方法を見て、その過程で彼らが使用しているツールについて少し調べてみましょう。

https://www.haivision.com/blog/enterprise-video-answers/sap-company-growing-live-streaming-video/

 

PDF

getacro
このリンクファイルは、PDFファイル形式で作成されています。 PDFファイルを読むには“Adobe Reader”(無料)が必要です。
アイコンをクリックし、ダウンロード/インストールしてください。

お問い合わせ

部署名 : 伝送・配信システム営業部
TEL : 03-3345-2182
FAX : 03-3345-2165

メーカーURL : https://www.haivision.com/