Product 製品

Product 製品

PL-1000E

  • PL-1000E

PL-1000EはWDM(波長分割多重)装置です。複数の光信号を、波長分割多重で一本の光ファイバーに束ね、長距離伝送できます。通常、企業やデータセンターでのCPE(顧客構内機器)として使用されます。
PL-1000Eは、8/10Gbps対応の高速ポートが4つ、2Mから4.25Gbps対応の低速ポートが4つ装備されています。
さらに、二つのOSCポート(Optical Supervisory Channel)を装備し、それらを遠隔操作による管理のためのデータトラフィック転送に使用することもできます。PL-1000Eは、CLI、HTTP、SNMPを使用して管理できます。
また、マルチプロテクション機能のある、point-to-point/チェーン/リングトポロジーにも対応しています。

  • PL-1000E

特長

PL-1000Eは、設定に応じて、最大2つのマルチプレクサ/デマルチプレクサモジュールと、最大2つのEDFAモジュールを本体に組み込むことができます。EDFAモジュールにより光信号を増幅させ、伝送距離をさらに伸ばすことも可能です。
XFP、SFP+、SFPの採用によりより、システムを拡張するにつれてモジュールを増設することが可能になり、初期投資を抑えることができます(pay-as-you-growアーキテクチャ)。
PL-1000Eの筐体のサイズは1Uであり、取り外し可能なAC/DC電源と、取り外し可能なファンユニットに対応しております。

 

  • 計8ポートをC/DWDM多重
  • 8/10Gの高速インタフェース(8G/10Gのファイバーチャネル、10GbE、STM-64/OC-192、オプションでOTU-2 OTNのなどを自由に組み合わせ可能)×4ポートをサポート
  • 2Mから4.25Gbpsのインタフェース(Ethernet、Fast Ethernet、Giga bit Ethernet、ファイバーチャネル、各種SDH/Sonet等)×4ポートをサポート
  • SFP、SFP+とXFPモジュールの採用により、各種インタフェースに柔軟に対応
  • オプションによりブースターまたはプリアンプEDFA付きの光増幅装置に対応
  • オプティカルスーパーバイザリーチャネルにより、リモートユニットのマネジメントが可能
  • 設定、監視、サービスプロヴィジョニングは、シリアルまたはTelnetインタフェース上でのCLI、Webベース、SNMPで実行可能
  • 光パラメータのモニタリング、故障マネジメント、パフォーマンス測定、診断ループバックなどのOAM機能に対応
  • 活線挿抜可能なファン
  • 活線挿抜可能な電源(ACまたはDC)

企業間データセンターを二台のPL-1000Eで接続

ihnkzj

 


仕様

  • アップリンク側ポートの対応規格:CWDM/DWDM
  • 受信側高速ポートの対応規格:10G FC/10GbE LAN/10GbE WAN/SDH STM-64/SONET OC-192/OTN OTU-2
  • 低速ポート受信側での対応規格:FC-1G/2G/4G FICON-1G/2G/4G ESCON-200M Ethernet 10M-銅線 Fast Ethernet100M-光または銅線 ギガビットEthernet 1G-光または銅線 SONET/SDH-STM-1,4,16とOC-3,12,48
  • アップリンク側高速ポート:40, 80, 120, 200km
  • アップリンク側低速ポート-CWDM: 1.25Gbpsで120km 4.25GbEで80km DWDM: 1.25Gbpsで400km 2.66GbEで180km 4.25Gbpsで80km
  • AC電源 100から240V 50/60Hz 最大1.5A
  • DC電源 48V 最大2.5A
  • 最大消費電力 68W
  • 対応温度 -5度から45度
  • 湿度 5-85% RH 結露なきこと

お問い合わせ

部署名 : 伝送・配信システム営業部 システムセールスグループ
TEL : 03-3345-2182
FAX : 03-3345-2165
E-mail :sales-csg@rikei.co.jp

メーカーURL : http://www.packetlight.com/