Event & Seminar イベント & セミナー

Event & Seminar イベント & セミナー

「有線Droneを利用した移動型火のみやぐらとG空間システム連携の研究」公開実証実験のご案内

※会期は終了しました。

セミナー名

1月18日(木)「有線Droneを利用した移動型火のみやぐらとG空間システム連携の研究」公開実証実験

概要

この度、株式会社理経は、平成29年度消防防災科学技術研究推進制度で採択された「有線Droneを利用した移動型火のみやぐらとG空間システム連携の研究」の公開実証実験を行う運びとなりました。
実証実験は、有線ドローンと長距離無線LANを組み合わせた飛行実験で、2018年1月18日(木)午後に工学院大学 犬目キャンパスにおいて実施いたします。
お忙しい中お手数をおかけしますが、ご参加いただけますと幸いです。

日時

2018年1月18日(木)    

13:00 受付開始
13:30 実験設備の説明
14:00 PARCの組み立てと飛行準備
14:30 PARC飛行開始
15:30 終了

当日の映像はYouTubeでライブ中継(※2)する予定です。
アクセス方法は、実験時にYouTubeホームページ(https://www.youtube.com/)で「消防庁有線ドローン実証実験」のキーワードで検索をお願いします。

※1 工学院大学新宿キャンパスでの画像確認は施設の関係上少人数に制限させていただきます。取材ご希望の報道関係者の方はご連絡ください。
   (工学院大学新宿キャンパス住所:〒163-8677 東京都新宿区西新宿1丁目24番2号)
※2 ライブ中継は回線の品質により実際の映像より画質が悪くなる場合があります。ご了承ください。

実験会場へのアクセスマップ

工学院大学 犬目校舎(〒193-0802 東京都八王子市犬目町 139)

・JR中央線 「八王子駅北口」からお越しの場合
 乗り場・6番乗り場 工01バス 行き先・「工学院大学西経由楢原町行」約30分 「工学院大学犬目校舎」下車
・京王線「京王八王子駅」からお越しの場合
 乗り場・3番乗り場 工01バス 行き先・「工学院大学西経由楢原町行」約30分 「工学院大学犬目校舎」下車

本実験が目指すもの

G空間を利用したGIS(Geographic Information System:地理情報システム)を構築し、「可搬型火のみやぐら」の位置、映像、消防署員への指示、被災者への避難誘導をシームレスに行うことにより、迅速な災害対応、救助活動、避難行動を支援するシステム構築を目標とする。今回の実験ではGIS上に有線ドローン「PARC」を表示し、中継映像との連携を行う。

本実験概要

1.有線ドローンから撮影した映像をFWAを利用した長距離(新宿―八王子間34km)伝送環境を通して確認する。(※1)
2.GISソフトウェアを使用しドローンの位置情報と映像をリンクする。
3.有線ドローン「PARC」の組み立てから飛行まで一連の操作を理解し運用方法を考察する。

実施者

実験責任者 株式会社 理経 防災情報システム部 山内 理史
実験協力会社  工学院大学 建築学部 まちづくり学科 村上研究室
田中電気株式会社 無人航空機事業部
前橋市消防局

参加申し込み方法

申込みフォームに以下の項目をご入力ください
1)御社名、2)媒体名、3)メールアドレス、4)携帯電話番号(当日連絡先)をお知らせください。

万が一、天候による中止などの変更の場合は(株)理経 広報広告グループよりご案内いたします。

お問い合わせ先

報道関係の方
株式会社理経 広報広告グループ 三宅、奥井
TEL:03-3345-2191  / web-prg@rikei.co.jp

消防関係の方
株式会社理経 防災情報システム部 山内
TEL:03-3345-2478 / E-mail:yamauchi@rikei.co.jp